「リンクアジア」中部地区を中心とした、日本で働きたい外国人留学生・外国語人材の為の就職支援サービス

リンクアジア:外国人留学生、グローバル人材のための就職支援サービス

お電話でのお問い合わせ 0120-684-788 問い合わせ時間 平日9:00~17:00

TOP > 就活ガイド > 履歴書の書き方

  • 学ぶ 就職活動について学ぶ
  • 支える 心強いサポート体制
  • 探す お仕事情報を調べる

履歴書の書き方

履歴書の書き方

就職活動をする時に、応募者の方が作成しなければならない書類の中で、一番重要になるのが「履歴書」です。
「履歴書」とは、あなたが歩んできた歴史(学歴や職歴や所有資格など)を一枚の紙に記したもので、「履歴書」は、あなた自身と言っても過言ではありません。
あなたが作成した「履歴書」は、採用担当者だけではなく、経営者や将来上司と成り得る方々が見られます。
まさに、「履歴書」は、応募者が応募する企業に対して出すラブレターです。
正確に、丁寧に、心を込めて、「履歴書」を作成することが、就職活動への第一歩となりますので、以下の内容を確認いただき、世界で一枚の「履歴書」を作成して下さい。

PAGE TOP

「履歴書」には何を記入するの?

  • ・氏名、住所、電話番号、生年月日などの基本情報
  • ・学歴・職歴
  • ・資格・免許
  • ・志望動機・特技・好きな学科
  • ・通勤時間、健康状態、扶養家族・配偶者の有無・配偶者の扶養義務
  • ・本人希望記入欄  等

現在、一般に販売されている「履歴書」は、大きさやフォーム、記載項目、内容等、統一されておらず、応募者の状況(学生用や社会人用)により種類も様々なものがあります。自社ホームページから専用の履歴書をダウンロードして使う指示をする求人企業もありますが、企業から定められた「履歴書」の指示がない場合などは、受け取る相手が読みやすいサイズのものを選択し、また、自分がアピールしやすい項目が配置されている履歴書用紙を選びましょう。

「履歴書」PDFの無料ダウンロードは下記から

履歴書PDF 無料ダウンロード

PAGE TOP

「履歴書」は、手書きなの?

「履歴書」は、原則、黒色のボールペンなどを使用し、手書きで記入します。
パソコン等で入力し作成する場合もありますが、多くの採用担当者は、手書きの「履歴書」を求められています。「キレイな字がうまく書けない...」という方もいますが、字のうまいヘタではなく、丁寧に書いているか?丁寧に書いていないか?というところを採用担当者は見られています。
正確に心を込めて丁寧に記入するには、時間がかかりますが、時間をかけた分だけ相手に伝わると考えて記入しましょう。
また、記入のミスをした時、修正液などを使われる方もいますが、修正ペンや修正液を使い修正した「履歴書」は、相手に対して失礼にあたりますので、使用は避けて、記入のミスをしないように注意して「履歴書」を作成しましょう。

PAGE TOP

履歴書記入のポイント

1:履歴書用の写真と貼付

「履歴書」の写真は、あなたの第一印象となりますので、大変重要です。
・好印象を与えられるよう、撮影時の服装は正装で、髪型や目線など、良い表情を心がけてください。
・キレイに仕上がりますので、可能であれば、写真館で撮影していただくことをお勧めします。
・写真の裏には、氏名を記入しておきましょう。
・写真は、規定の大きさ(3cm×4cm)にし、所定の場所に正確に貼り付けて下さい。

2:提出年月日

・履歴書を記入する日または郵送する日を記入しましょう。

3:氏 名

・名は体を表すといわれています。大きな文字で丁寧に記入しましょう。
・フリガナ(ふりがな)も忘れずに記入しましょう。

4:印 鑑

・全て記入し終わってから印鑑で失敗・・なんてことにならないように、最初に押しておきましょう。
・できるだけ、シャチハタよりも実印タイプのものを使いましょう。

5:連絡先

・住所は、省略せず、住民票通りの住所を記入しましょう。
・電話番号欄には、携帯電話の番号も記入しましょう。
・メールアドレスは、アンダーバー・ハイフンなどわかりやすく記入しましょう。
※ メールアドレスの設定に注意!!
メールアドレスによって、合格と不合格がきまるわけではありませんが、
奇抜なアドレス名や、相手が不信に思うようなアドレス名は避けたほうがよいでしょう。
無料のフリーメールは沢山あるので、シンプルなものを記入したほうが、無難です。

 

6:学歴・職歴・賞罰

・一行目に「学歴」と書いてから、記載しましょう。
・学歴欄は、基本的に中学生は卒業年次のみを書き、高等学校以降、専門学校、短大、大学など最終学歴までは入学年次と卒業年次を記入しましょう。
・学歴から一段あけて「職歴」と書き、正確に記載しましょう。
・職歴から一段あけて「賞罰」と書き、無ければ「特に無し」と記載しましょう。

7:年・月

・先に記入した提出年月日に合わせて、西暦・和暦を記入しましょう。数字はくれぐれも正確に記入しましょう。

8:免許 資格

・資格、免許とも、正式名称を記入しましょう。
※沢山書けばいいというものではありません!!
どんなにたくさんの資格があっても、それがアピールにならなければ「履歴書」に書く意味はありません。
記入する前に、まずは応募先の会社のニーズに照らしあわせて「この資格はアピールになるかどうか?」を考えましょう。

9:趣味や特技

・趣味や特技は、必ず記入しましょう。また、その際には、なぜそれが趣味または特技なのかという理由も合わせて記入しましょう。

11:希望職種は詳しく

・希望職種、勤務地程度にとどめておいた方が良いでしょう。
特になければ、職種に対する志望理由や、熱意を具体的に書いておくといいでしょう。
できるだけ、空白は避けた方が良いです。

10:志望動機

・「履歴書」の中で、最も重要になる部分です。
・事前に自己分析と企業研究をしっかりと行い、なぜこの企業に応募するのかを整理しましょう。
・マニュアル本を丸写ししてはいけません。自分にどういう経験があり、それを会社でどのように活かしていきたいか、もしくはその会社に何ができるのかを中心に記入しましょう。

 

 

 

PAGE TOP

「履歴書」&「エントリーシート」の共通ポイント:「基本的マナー」とは

人にも第一印象があるように、「履歴書」と「エントリーシート」にも、第一印象というものがあります。
書類を見た瞬間、人事担当者に読んでみたいと思わせることができるかどうかが重要なポイントです。
ではどうすれば第一印象の良いエントリーシートを書くことができるのでしょうか?
それは、基本的マナーをおろそかにしないことです。

「履歴書」&「エントリーシート」の基本的マナー

●綺麗な字で丁寧に書く。

慌てて記入をしたり、雑に書かれた「履歴書」や「エントリーシート」 は、それだけで第一印象が格段に悪くなりますので、相手が読みやすい丁寧な字で、記入しましょう。

●大きな余白を作らない。8-9割は埋める。

あまりにも余白が多いと、「伝えたいことが無い」「やる気がない」と受取られることもありますので、なるべく余白を作らないように作成しましょう。 ただし、余白を埋めるために、大きな字で書いて埋めることはNGです。

●コピーした「履歴書」や「エントリーシート」を使いまわさない。

手書きの「履歴書」や「エントリーシート」は、一社ごとに記入作成するのが常識とされておりますので、コピーして「履歴書」や「エントリーシート」を使いまわすことは厳禁です。

●学生言葉は使わない。

服装や髪型と同様に、言葉遣いにもTPOがあります。「~感じ」「ビミョーな」など、普段は違和感なく使っている言葉でも、企業に提出する文書にはふさわしくありません。

●記入漏れがないか確認する。

項目をすべて埋めるのは最低限のルールです。漏れがあると「注意力不足」や「手抜き」という印象を与えてしまいますので、注意しましょう。

●誤字・脱字はないか確認する。

誤字・脱字があると、記入した後に、見直しをしていないことが明らかで、「注意力不足」や「責任感の欠如」を疑われても仕方ありません。「仕事でもミスをするのではないか」と人事担当者も不安になりますので、何度も確認を行って下さい。

●修正液は使用しない。

「履歴書」は正式な書類のひとつです。企業によっては、「非常識」「手抜き」と受取られる場合があります。しっかりと下書きをして、ミスがないように清書しましょう。

●スナップ写真を貼らない。

自分の特徴やキャラクターを人事担当者に伝えたいという意向で、スナップ写真を貼る人もいますが、写真はそういった目的で貼るのではありません。自分の個性は、文章の工夫で伝えましょう。

●基本的には黒で記入

ボールペンなら何色でもよいというものではありません。エントリーシート全体を色文字で書くのは絶対にNGです。

PAGE TOP

「履歴書」と「エントリーシート」の違い

「履歴書」は、個人の住所や生年月日、連絡先などの個人的な情報を主とし、学歴や職歴、資格なども記入するご自身の「証明書」のようなものです。また「履歴書」は応募時に必要というものではなく、入社後にも様々な手続きに必要となりますので、長期間、会社に保管される重要な書類です。
一方「エントリーシート」 は、企業が独自に作成した採用のための「自己PR書」のようなもので、面接後処分されることもある書類です。
「履歴書」と「エントリーシート」の両方とも、面接の機会を得るための重要な書類であることは間違いありません。
記入に際しては、自分を偽らず、正直に正確に記入して下さい。「自分の人となり」や「応募の熱意や情熱」、「企業への思い」を的確に伝え、企業(採用担当者の方)に自分自身を理解してもらい、「この人に会ってみたい!」「面接をしてみよう!」と思ってもらえるような「履歴書」づくりをしましょう。

PAGE TOP

PAGE TOP

【Link Asia (リンクアジア)】 東海エリアの日本企業で仕事がしたい外国人留学生・転職希望者、グローバル人材の為の就職支援サービス

Copyrights (C) Link Asia. All Rights Reserved.