「リンクアジア」中部地区を中心とした、日本で働きたい外国人留学生・外国語人材の為の就職支援サービス

リンクアジア:外国人留学生、グローバル人材のための就職支援サービス

お電話でのお問い合わせ 0120-684-788 問い合わせ時間 平日9:00~17:00

TOP > 就活ガイド > 自己分析にチャレンジ

  • 学ぶ 就職活動について学ぶ
  • 支える 心強いサポート体制
  • 探す お仕事情報を調べる

自己分析って何?なぜ就職活動に必要なの?

自己分析=自分を知ること。自己分析をしっかりすることで、志望企業が見つけやすくなります。

就職活動を始める前に、まずは自分自身が、「どんな人間で」「何に興味があり」「どんな価値観を持ち」「どんな能力があるのか」を理解しておくことが必要です。自分のことをまったくわからず、どんな仕事に就きたいのかもわからず、就職活動を行うことは、目的地のわからない広い海の上を彷徨うようなものです。自分がどこへ行きたいと思っているのか、その目的地でどんな力を発揮して、何をしたいのか、また、何ができるのかが明確であれば、迷うことなく、ある程度の自信を持って、自分の希望する目的地に向かうことができます。
つまり、就職活動を始める前に、しっかりと自己分析をして、自分の「特性」「興味」「価値感」「能力」を明確にすると、志望企業が見つけやすくなり、エントリーシートや面接でも高い評価を得る確率が高まるのです。反対に、自己分析をせずに、妥協して就職をしてしまうと、「こんなはずじゃなかった。」とすぐに辞めることになったり、または、悩みながら、会社の中で彷徨い続けることになります。あなたにも、自分なりの「特性」「興味」「価値感」「能力」があるはずです。

PAGE TOP

自分史を作ろう!

「あなたの長所、短所について、話してください。」
面接でよく聞かれる質問の1つです。そして、答えるときには、長所、短所を裏付ける自分自身のエピソードやきっかけとなった出来事を話すと、説得力が増すと共に、「自分はどんな人間なのか。」ということも、面接官に理解してもらえます。
自分史を作って、自分の歴史を振返ることも、大切な自己分析の1つです。

自分史作成シート

サンプルPDFはこちら

PAGE TOP

PAGE TOP

【Link Asia (リンクアジア)】 東海エリアの日本企業で仕事がしたい外国人留学生・転職希望者、グローバル人材の為の就職支援サービス

Copyrights (C) Link Asia. All Rights Reserved.